相続診断士の部屋

私たち相続診断士は、争う相族を減らし、円満な相続を普及する活動を実施しています。相続問題をタブー視せず、生前に家族で十分話し合い、円満に後世に想いを引き継いでいく社会創りのお手伝いをしています。その有効な方法の一つとして、笑顔相続ノートを推奨しています。

No.9 「地域共生社会」・「知縁社会」と云う考え方

相続診断士・ファイナンシャルプランナーの佐藤です。9回目の今回は少し趣を変え、地域住民との関わり方について、思うところを記載してみたいと思います。
先日、すべての人々が、”地域・暮らし・生きがい”を共に創り、支え合いながら自分らしく活躍できる地域コミュニティー、「地域共生社会」を実現することを目的とした、私が住んでいる市が主催する”地域サポーター養成講座”に参加してきました。
参加者は、大学生、中高年者、高齢者と幅広く、若者世代が持つ思考の柔軟さや行動力と、熟年世代の経験に基づく判断力や内省力がうまく調和し、大変有意義、且つ、楽しいひとときを過ごすことができました。

地域共同体的なコミュニティー機能が健在だった頃は、近所の、あるいは一族の長老的な物知りが、何かあればその都度親身に色々と世話をやいてくれたものでした。しかし、核家族社会が進展した現在、それは望むべくもありません。
私の事務所の冠名である「共生」と云う語には、そうした地域共同体的なコミュニティー機能が健在だった頃の様な、親身、且つ具体的なサポートをさせていただければ…、そんな思いが込められていますが、これは地域サポーター制度が目指す「地域共生社会」と共通の理念と言えると感じました。

現実問題として、自分達が暮らす社会の制度について、様々な疑問や悩みを抱えながらも、誰に聞いたら良いのかわからず、あるいはどうしようもないとあきらめ、自身で抱え込んでいる人たちも少なからず存在するのではないでしょうか?

そうした人達に出会ったら、相続診断士・ファイナンシャルプランナーとしてのの知識を活かし、少しでもお役に立てたらとの想いを益々強くさせられました。

昔ながらの血縁や地縁と云った濃密な関係でもなく、さりとて都市部に顕著な無関心、孤立指向とは全く異なる「知縁社会」、近過ぎず遠からずの風潮が、最も居心地が良いのかも知れませんね!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
相続診断士 ファイナンシャルプランナー BPOプランナー
 共生プランニング代表 佐藤 喜三男
<業務領域>
 相続診断・対策、ライフプランニング等、資産・生活設計全般のサポート
 BPO(データエントリー、スキャニング、封入・封緘・発送、封筒制作、他)
 栄養管理システム、ポイントシステム、他の企画開発
 Webショップ運営  …他
 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-34-5
        いちご東池袋ビル6F アントレサロン内
 携帯 :080(5450)6403
 E-mail:k.sato@kyouseiplanning.jp
 URL :http://kyouseiplanning.jp/
 Webショップポータルサイト:共生「特選館」
  http://shop.moshimo.com/kyoseiportal/
------------------------------------------------------------------------------------------------------------